花伝抄のアメニティー【何がおいてある?】写真あり

京都の花伝抄に泊まった時、アメニティーが充実していて、館内で気持ち良く過ごす事ができたのを思い出しました。

最新版⇒2度目の宿泊:母と娘、わたしの3人旅の時の記録はこちらを参照

【ここから下は1回目の宿泊、旦那さんと二人旅の時の記事です。】

創業当時から女性の要望をしっかりとりいれたのか?アレもコレもと揃っていたのでリサーチしたのでしょうか?写真映えもしますねー(^ー^)

アメニティーグッズは各洗面近くに揃ってました。

※陶器の手洗いが京都って感じでお洒落です。

宿泊時、借りた浴衣にはかわいい帯もついてました。
(好きな浴衣が選べます。チェックイン時に選びにいきましょう)

いっしょに映ってる籠に、バスタオルなど入れて館内うろうろできます。

▼この写真は、花伝抄 じゃらん お問い合わせページより拝借したもの

ハンドタオル・バスタオル・歯ブラシ・歯磨き粉・ブラシ
髭剃り・作務衣・ボディソープ・シャンプー・リンス
バスタオルとフェイスタオルは湯籠に入れてご用意しております。
大浴場へは湯籠をお持ちいただきご利用くださいませ。

大きなお風呂に入るときも、髪をかわかすドライヤーなど・・・基本セットがちゃんと置かれてるので安心です。

お風呂からあがった時は、こんな感じのメイクルームがありました。

おまけ・・・(^-^;) 浴衣を着てパチリとな

注意するのは、部屋からカゴに着替えセットを持って行くぐらいかな?

The following two tabs change content below.

さき@温泉丸

京都嵐山温泉「花伝抄」は初めて泊まった時私が凄く気に入っちゃってもう一度泊まりたかった旅館。渡月橋周辺、花伝抄周辺のみの観光旅行記です。(ほぼ徒歩で回れる範囲) 写真も沢山撮ってきたので見て参考にして頂けると嬉しいですっ

コメントを残す